FUKUSHIMARTアカデミープログラム終了!事務局の声

 

FUKUSHIMARTアカデミーでは、今回、オープン講座以外に個別プログラムサポートを開催いたしました。

このアカデミーを開催する上で、実際の事業者のストーリーや取り組み、課題をお伝えすることで、ほかの参加者や興味ある方と共有し、皆様の事業の発展につなげていきたいと考えます。

今回、事務局として全体の目的や受講者へのアプローチなど、プログラム構築をした事務局のアカデミーへの感想などをご紹介させていただきます!

①参加者の今の事業で「課題・解決したいこと」を聞いて、共通していたことはなんですか?

現実と未来の姿のギャップを埋めていくためのステップづくりに苦労していると感じました。

②その課題に役に立ちそうだと思う講座はどれでしたか?今回のアカデミーの第1から4までで教えてください。また、具体的にどんなところが役に立ちそうですか?

ロジックモデルセミナー。過去と、現在と、未来とをつなぐステップが描けるので。(プロセスを考えることができるので)

③アカデミーを実施して、参加者が改善したり、影響があった数字的な結果などありますか?あればどんなところに結果が出たと思うかおしえてください。

数字的な結果は、これから出てくるかと思うので、まだだと思います。

④今後、プロジェクトの改善点はありますか?その理由も教えてください。個別プログラム・オープン講座それぞれ教えてください。

■オープン講座

事業全般に扱う内容を扱うので、他の団体との連携も視野にいれたほうがいいかもしれません。

■個別プログラム

コストが高いので、中長期的成果につなげていけるように取り組みを進めていくことが必要かと思います。

⑤全体を通して、感じた事、見えたことは何でしょうか?

プログラム自体の仕上がりには自信を持っています。主催側としては、予算調達の部分がやはり課題です。

⑥終了したうえで、改めて参加者やこれから事業を進めていく人にアドバイスをお願いします。

ビジネス的な視点ももちろん大事ですが、事業を進めるうえでは、内省の時間が意外と大事かと思います。自分自身を振り返る時間を大事にしていくと、道が必ずや開けていくと思います。

■事務局紹介はこちら


【過去のアカデミーセミナー開催レポ―ト】

第1回「ロジックモデルとは?」〜「伝わる」ために〜 アカデミー開催報告

第2回『事業計画づくりの基礎』アカデミー開催報告

第3回『売り場目線の商品開発とは?』アカデミー開催報告

4「岩手紫波町視察プログラム」FUKUSHMARTアカデミー開催報告

 

【『FUKUSHIMARTアカデミー』とは?】

FUKUSHIMARTアカデミー』とは?