【第2回『事業計画づくりの基礎』開催報告!】
事業の骨格を作るのは、やはり「事業計画」。
今回は、仙台市を中心に東北でスタートアップ事業を数多く手がけている、MAKOTOグループより島氏を招き、事業計画づくりについてじっくりと学びました。

起業、創業、事業には必ず必要な「事業計画」。

”難しい”、”わからない”

特にはじめはそう思うことが多くあります。

今回はその「事業計画」の意味や、やり方、フレームワークを知ることで、自分の想いややりたいことを描いて実行していくためのきっかけとしています。

また、講義中に島氏に紹介して頂いた事業計画書の雛形も惜しみなく提供して頂いたことも、今後帰ってからしっかり作りこむのにも役立つと好評でした。

今回の参加者の皆様も「事業計画」を作る必要な意味を理解できた声をたくさんいただきました。

その一部をアンケートよりご紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■参加後の声■

・頭の中の設計図を明確にし、有効なもの(生きたもの)にすることができた。

・事業計画にこだわりすぎないこと、行動しながらぼちぼち仕上げていけば良い、とはっきりおっしゃていた事に共感しました。今回頭を整理できたので、どんどん前にすすませながら、時折事業計画書に立ち返る時間をもちたいと思います。

・事業計画など独学で学ぶにはツライものは、このようなセミナーをやってもらえるとありがたいです。

・自分が形にしようとしている思いをシートに落し込むことでより具体性が増してきました。ありがとう!

・自分が起業したいと思った最初の動機に出会えた事が1番うれしかったです。

・これまで創業に向けて議論していた内容が、うまくおさまるべき場所におさまった間隔があります。

・何故、事業計画が必要なのかを理解し、頭の中にあったアイデアを文章に落し込む事が出来ました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これを学ぶことで、「想い」→「言語化」→「道筋」→「ゴール」の流れが可視化でき実現に近づきます。

また、どんなセミナーでもその時間だけですべてを学ぶ事は不可能です。
しかし、本当に「必要性」を理解できればその後は自ずと不足分を自分で勉強したり、調べたりして進めることが可能になってきます。

今回はそんなきっかけとやり方、ヒントを存分に詰め込んだ講義となりました。

ご参加の皆様、お疲れ様でした!そして、今後のさらなる歩みを応援しています!

※Fukushimartアカデミーは、助成「ふくしま未来基金」で開催しています。

■イベント詳細
https://www.facebook.com/events/341543996448049/

■講師紹介
島 征史(しま まさし)
https://www.facebook.com/2227515127566003/posts/2266989530285229?sfns=mo

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次回、第三回Fukushimartアカデミーは「売り場目線から考える商品開発~こんな商品を作ったらどうか?~」4月25日(木)予定!