投稿

事業の目標を数値化で客観視!「個別サポートプログラム」【すとう農産 ボンド亜貴さん】

FUKUSHIMARTアカデミーでは、今回、オープン講座以外に個別プログラムサポートを開催いたしました。

このアカデミーを開催する上で、実際の事業者のストーリーや取り組み、課題をお伝えすることで、ほかの参加者や興味ある方と共有し、皆様の事業の発展につなげていきたいと考えます。

その中の個別プログラムに参加していただきました方々の感想をご紹介させていただきます!

今回は、「すとう農産」のボンド亜貴さんをご紹介いたします。

■FUKUSHIMARTアカデミーの個別プログラムを受けた理由は何ですか?

自分の実現したいイメージ(高付加価値少量生産系)はあるけれども、実際に行い収益を確保しているのは経営上の方向は薄利多売系。そのギャップ自体をどう自分の中で埋めたらいいのか方法がつかめないでいました。知識的な部分もそうですが、メンタルの整理ができるという所が魅力で個人プログラムを受けました。

■現在のご自身の事業の課題と、その課題に役に立ちそうだと思うアカデミーの講座はどれでしたか?

自分の中での課題としては、分社化をどうするかということです。

また、役に立ちそうだと思うところは、参加できなかったところですが、2回目の「事業計画づくりの基礎」だったのではと思います。参加できなかったのが残念です。

3回目のロジックモデルは知っていましたが、改めて解説を聞けて良かったです。ロジックモデルおよびリーンキャンパスは今も事業の目的を明確にしたい時に使用しているので、実際に役立っています。

また、視察研修の特典である廣田さんによる早朝リーンキャンパス講座も良かったです!特にお金まわりの所で自分が明確にしていなかったポイントが見えました。

■FUKUSHIMARTアカデミーに参加して学べたことは何ですか?

現在、自分のやっている事業を今年度目標、3年後目標、5年後目標と整理して立てていましたが、書いてみると意外と自分の中でビジョンが建てられていない事業を回しているという事実が見えてきました。現在、将来につながらない事業はやめ、繋がる事業の目標を数値化していく作業をしています。計画できないから実現したいイメージへと繋がらないのだということがはっきり見えて来て自分の踏むべきステップが見えてきました。

アカデミーを受けて、改善したり、影響があった数字的な結果などありますか?

第3回目の小田嶋さんによる講座は、その次の月には玄米コーヒーの規格と値段設定を変えたら、動きやすくなったと感じます。数字はこれから出てきます。

個別ヒアリングを受けた感想はいかがでしたか?

日々忙しくしているので、前進しているように感じていたが、ヒアリングを受けたことで、全く5年前と実情はほとんど変わっておらず、目標に向えていなかったと事実に直面出来た。

■今後のアカデミーに期待することは?

「長所が活かせていない」「短所を補強することばかりに注力しているように見える」等の声を聴くので、自分では活かせているように見えたが、まだまだその方面を伸ばせていない。長所分析とその可能性をさぐる方法があったら知りたい。

■最後に、どんなことを大事にして、仕事をしていますか?

日々の触れるものや行動で、健康になったり病気になったりする。健康第一なので、まずは自分のメンタルがポジティブになれる環境作りと、家族の身体が健康になれる家庭づくりを中心に考えている。

 

■氏名

ボンド亜貴

■住まい(市町村)
福島県会津若松市
■所属(会社)
有限会社 すとう農産

■事業の実績、ストーリー
<就農のきっかけ>
震災の年、私はポーランドに在住し日本語教師をしていました。震災が起こった朝にポーランドのテレビ局から電話がかかってきて、頭が混乱したまま、すぐに生中継で全ポーランドに流す番組に出ました。その際にテレビで観た映像と、中継直前までずっと実家に電話をかけ続けていてもつながらなかった状況は今でも忘れられません。

震災直後は両親も「大丈夫だ」と言っていたのですが、その後売上が激減し3分の1以下に落ちました。そのショックからか父がガンと心臓病を併発。3ヶ月の命と言われた時に、「私はこのままで良いのか」と自問自答し、帰国を決意しました。

また、同時期にポーランドの友人が29歳で白血病になり、余命1年を宣告されました。その時に友人は主治医から身体への負担を最小限にするために「食べ物と衣類、肌に触れるもの(石鹸やシャンプー等)を全部オーガニックに変えなさい」と指示されました。私が出来た唯一の事は、一緒にオーガニックの野菜やお肉で料理をして食べる事だけでした。その1年後に友人は精密検査をうけたのですが、白血病の細胞が消えていたのです!その時、オーガニックの素晴らしさと自分の両親が地道に続けてきたことの意義を強く感じ、少しでも父や兄の手助けになればと思い就農を決意しました。

<事業の実績>
経営規模としては年間売上5600万円。有機アイガモ栽培米の生産販売と特別栽培米の生産販売。グループからの特別栽培米の購入と精米販売。またこれらを使った米加工品の生産販売を行っています。

毎年春と冬に行うDuck Dayは、消費者にアイガモと触れ合ってもらい、食の大切さと命の尊さを感じてもらうイベントになっています。春はアイガモを捕まえて田んぼに放すお手伝いを、冬はアイガモを捕まえて天国へお見送り(米沢の屠畜場にて屠畜)その後、レストランでアイガモ料理を頂く内容になっています。またFaceBookを通して年間を通した情報発信を行い、消費者との個人的なつながりを大切にしています。

有機農家ならではの少ない生産方式ではありますが、付加価値をつけ、直接的な消費者とのつながりを強く保つことで、経営安定を図っています。

■事業のビジョン・目標
オーガニック・ビレッジの実現化

■会社・事業紹介

 

【過去のアカデミーセミナー開催レポ―ト】

第1回「ロジックモデルとは?」〜「伝わる」ために〜 アカデミー開催報告

第2回『事業計画づくりの基礎』アカデミー開催報告

第3回『売り場目線の商品開発とは?』アカデミー開催報告

4「岩手紫波町視察プログラム」FUKUSHMARTアカデミー開催報告

 

【『FUKUSHIMARTアカデミー』とは?】

FUKUSHIMARTアカデミー』とは?

自分の事業の現在のリソースを分析し整理!「個別サポートプログラム」【佐藤物産 佐藤善彦さん】

FUKUSHIMARTアカデミーでは、今回、オープン講座以外に個別プログラムサポートを開催いたしました。

このアカデミーを開催する上で、実際の事業者のストーリーや取り組み、課題をお伝えすることで、ほかの参加者や興味ある方と共有し、皆様の事業の発展につなげていきたいと考えます。

その中の個別プログラムに参加していただきました方々の感想をご紹介させていただきます!

 

■FUKUSHIMARTアカデミーの個別プログラムを受けた理由は何ですか?

ビジョンを実現するためのスキルの獲得や、事業の整理をするためです。

■現在のご自身の事業の課題は何でしたか?

常時雇用のスタッフを確保し、自身が営業や商品企画に専念できる環境づくり。 また、現在のリソースを分析し「やれること・やるべきこと・やりたいこと」を整理し、事業展開に活かすことでした。

■FUKUSHIMARTアカデミーに参加して学べたことは何ですか?

「リーンキャンバス」や「ロジックモデル」等の具体的な手法を学べました。フレームワークに落とし込むことで自身のイメージを可視化し、俯瞰的に分析することができ、また、フクシマートアカデミーへの参加だけなく、前段階のJSPセミナー等からの累積での知識が肥やしとなり、新商品を開発したことで売り上げが2倍以上につながったと感じています。 個別プログラムもとても良かった。個別のやりとりがあることでより深く要望や考えを伝えることができたので今後に生かしたい。

■今後への意気込みを教えてください

今のリソースでできること、やるべきことを整理し、今後の事業展開に活かしたい。

■今後のアカデミーに期待することは?

もっとリアルな具体的な事例を交えてのセミナーだとわかりやすいと思う。原価計算等。

■最後に、どんなことを大事にして、仕事をしていますか?

ローカルこそ宝の山だと考えている。理念でもある「温故知新 その土地の文化・人・技術・素材と共に歩む」を念頭にした行動を心がけている。


■氏名
佐藤 善彦(さとう よしひこ)
■住まい(市町村)
二本松市
■所属(会社)
株式会社 佐藤物産

■事業の実績、ストーリー
百名山安達太良山の麓、二本松市の岳温泉で昭和30年(1955年)に祖父がに物産店として創業いたしました。現在は4代目当主となる店主が元料理人だったこともあり、 食品加工、その製品の卸売もおこなっております。1997年に法人化。10年ほど前より温泉たまごの製造を開始。食感にこだわった「福島の温泉たまご とろんたま」。

また、震災後は。酪農が盛んなことを活かし、ミルクジャム等の製造も開始した。あだたら高原でとれた牛乳と 本場ヨーロッパのクラシックな製法でつくられた「あだたら山のミルクジャム」 を提供しております。合わせて修学旅行などの団体様向けへのスキー用品レンタル、 登山用品等のアクティビティツールのレンタルも取り扱っております。「温故知新」の理念のもとその土地の 文化、人、技術、素材と共に歩む企業を目指しております。

■事業のビジョン・目標
福島のおみやげ屋としての機能を実店舗としての小売からブランドとして残し、県内各地の他の売店で展開したい。またその際、福島の素材や文化を使用したプロダクトの開発をおこなっていきたい。

■会社・事業紹介
佐藤物産HP
「福島」「 佐藤物産 」で検索
https://omiyage-sato.com/#/

 

【過去のアカデミーセミナー開催レポ―ト】

第1回「ロジックモデルとは?」〜「伝わる」ために〜 アカデミー開催報告

第2回『事業計画づくりの基礎』アカデミー開催報告

第3回『売り場目線の商品開発とは?』アカデミー開催報告

4「岩手紫波町視察プログラム」FUKUSHMARTアカデミー開催報告

 

【『FUKUSHIMARTアカデミー』とは?】

『FUKUSHIMARTアカデミー』とは?

第3回 講師紹介!裏磐梯レイクリゾート売店責任者小田嶋聡氏

【第3回 講師紹介!裏磐梯レイクリゾート売店責任者小田嶋聡氏】

「目標は、福島の宣伝売店になる事!」
来週に迫った第3回のテーマは、『売り場目線の商品開発』。魅力的な商品が数多く並ぶ裏磐梯レイクリゾート売店を戦略的に手掛けてきた、売店の統括小田嶋氏から、売り場目線から商品開発について学びます。
そんな講師の小田嶋氏について参加者の皆様やご覧の皆様に講師をご紹介いたします!ぜひリアルな売り場の声=お客様の声を聞く貴重な機会をお楽しみに!


第三回『売り場目線の商品開発』

氏名:小田嶋聡(おだしまさとし)

あだ名:おだじー

住まい:会津若松市

所属:裏磐梯レイクリゾート(本社 (株)ベルーナ)

略歴: 14年前に当時の本業であった生花の勉強のために福島県に来ました。1年後に転職して、お土産業問屋の(株)幸泉で9年間勤務。 最終役職は裏磐梯猫魔ホテル売店の責任者と販売企画統括部長でした。 今から3年前に経営が(株)ベルーナの直営になり、当時の総支配人からお声がかかり福島の良い物を守る為に転職する事になりました。現在は裏磐梯レイクリゾートの売店の責任者で販売企画統括をしております。 売り上げは2019年度は約¥170,000,000です。 2020年度は約¥200,000,000目標です。

ご自身の事業のビジョン・目標
(売上達成と利益が一番ですが)福島の宣伝売店なる事が一番です。

FUKUSHIMARTアカデミーの講師を受けていただいた理由
仲間から依頼をいただいたのでぜひ!とお受けさせていただきました。

参加する方に学んでもらいたい事
「アフターサービスの大切さ」、商品企画は売り手と買い手の意見両方が大事な事です。

FUKUSHIMARTアカデミーに参加する方へのメッセージ
『みんなで笑顔になりましょう!』

【裏磐梯レイクリゾート】
http://www.lakeresort.jp


【イベント詳細】
申し込み受付中!
https://www.facebook.com/events/1118110255030522/